家電で共働き夫婦の負担を減らす

今共働き家庭はどんどん増えています 以前より女性が働きやすい社会になり女性の雇用も増えている背景も考えられます。 しかし、実際の所は正社員であっても給料が上がりづらくボーナスも少ないので夫婦共働きのスタイルをとらざるを得ない状況があると思います。

スポンサーリンク

毎日の家事は消耗する

2人とも仕事を終え帰宅し、晩ご飯の用意や洗濯、子どもをお風呂に入れ寝かしつけ洗濯が終わった衣類を干して寝る とても大変な毎日を過ごしている夫婦も多いと思います 僕の家庭でも以前は縦型洗濯機を使っており、洗濯を干すのが大変でした。夏は夜でも暑いし、春は花粉症のこともあり部屋干し、冬は凍えるように寒く洗濯物を干す時間は大変無駄な時間だと思っていました。 使用していた洗濯機は10年物の古い洗濯機だったこともあり、洗える容量は5㎏と少なく、少し詰め込むとしっかり汚れが落ちないとてもイマイチな洗濯機でした。

スポンサーリンク

縦型より高価だがドラム式を購入

そこで以前から気になっていた「ドラム式洗濯乾燥機」を購入しました。 洗える容量は11㎏、乾燥は7㎏と今まででは1日に最も多いときは3回も洗濯していました。 1回で洗濯から乾燥まで行い、無駄だった洗濯し終わった衣類を干す時間もなくなり生活が変わりました。 今までは「パシパシの紙ヤスリ」の様だったバスタオルも「ふわっふわっ」全くの別物です。

時間短縮は投資

「ドラム式洗濯乾燥機」の購入は共働き夫婦の貴重な時間を生み出してくれました。 仕事から帰ってきて洗濯カゴに山盛りになった服を洗濯する。脱水まで終わった服を夜外にでて物干し竿にほしていく。 疲れた体には本当にしんどい作業ですよね でもその作業をドラム式洗濯機に負担してもらうことで夫婦の負担はかなり減りました。 大げさな表現かもしれませんが夫婦の負担を減らし、今まで時間を割いて洗濯していた時間を減らす ので、自分の時間を取り戻す「投資」ではないでしょうか

スポンサーリンク

おすすめの記事