コーヒーを落としているとき、インスタントコーヒーにお湯を注いだとき、湯気と共にコーヒーのいい香りがふわっと香ってくる。
こんな瞬間がとても心地よく感じます。

コーヒーの香りには人間の脳をリラックスさせる効果があるのでしょうか?
ここでは香りについて調べていきます。

コーヒーからいい香るがするわけ

コーヒーの生豆にはアミノ酸やタンパク質、脂質が含まれています。
他にもポリフェノールのクロロゲン酸、カフェインなどの有名な成分が含まれています。
これらのアミノ酸やタンパク質、脂質に「焙煎」という火で熱を与えていく段階で 焙煎反応という反応が起きます。
この焙煎の工程でカラメルやナッツのような香ばしい香りが生まれます。
クロロゲン酸が熱を与えられることによって、褐色色素が生まれコーヒーの色が出てきます。

リラックス効果はコーヒー豆によって変わる?

・ブラジル
・グアテマラ
・ブルーマウンテン
・モカ
・マンデリン
・コナ
上記の6種類のコーヒー豆でリラックス効果のアルファー波の出方を調べる実験ではコーヒー豆の品種や焙煎の深さによって異なる結果が出ました。
グアテマラ、ブルーマウンテンはアルファー波が多く出てリラックス効果が高く、さらに深煎りのコーヒー豆の方がよりアルファー波の出方が強いという結果がでました。

まとめ

コーヒーの香りによるリラックス効果を高める為には、「グアテマラ」「ブルーマウンテン」のコーヒー豆を「深煎り」の焙煎で、コーヒーを入れると香りによるリラックス効果が高くでるという結果がでました。

スポンサーリンク

おすすめの記事