コーヒーにくわしくなってくるとコーヒー豆をお店で買ってきて、自分で挽いてみたくなります。
そんなときいざコーヒーミルを買おうと調べてみると「電動」と「手動」があることがわかりました。
うーん、どっちがいいんだろう?ここではミルの電動、手動でどう違うのか調べていこうと思います。

電動式ミル

メリット

・ミキサーの要領で豆を粉砕していくので、短時間でコーヒー豆を挽くことができる
・スイッチ1つで簡単に挽けるので、手動に比べて同じ時間で大量にコーヒー豆を挽くことができる

デメリット

・商品にもよるが音がうるさく感じる
・手動式ミルに比べ場所をとられる
・基本的に電源が必要、アウトドアには向かない
・スイッチ1つで使えるが、豆が均等に挽けるように電動ミル自体をシェイクする必要がある

電動式ミルの価格

安いもので3,000円~高いもので60,000円くらいするものも

手動式ミル

メリット

・価格が安い
・本体が小さく、場所をとらない
・電源が不要なのでアウトドアなど外で豆を挽くことができる
・見た目がレトロな商品が多く、インテリアにもおしゃれ

デメリット

・手の力でハンドルを回し、固いコーヒー豆を挽くので結構力が必要
・朝など時間が無いとき、手動だと時間がかかるので結局コーヒーを飲まないという本末転倒が起きる
・手動式ミルを買った直後はコーヒー豆を挽くのが楽しいが、そのうち面倒に感じることがある

手動式ミルの価格

安いものだとだいたい1,500円~高いものだと20,000円くらい
ちょっと高くても自分の気に入ったミルを選べば一生ものになるでしょう

結局どっちがいいの?

コーヒーミルの「電動式」「手動式」のメリット、デメリットを調べてきましたがどちらにも良いところ悪いところがありました。
時間があるときはゆっくり手動式ミルでコーヒー豆の挽いた香りや音、手に伝わる振動など楽しみながら挽くのもいいですね。
時間がないときは電動式ミルでサッとコーヒー豆を挽くのもいいでしょう。

電動式ミルを選んでも手動式ミルを選んでもお手入れが大切です。
ミルにコーヒー豆の粉が残っていると豆が酸化し、新しい豆の風味を損なうことになってしまいます。
ミルを使ったあとはブラシや乾いた布などでコーヒーの粉が残らないように掃除しましょう。
ご自身の生活リズムにマッチするミルのタイプを選べばさらにコーヒーのことが好きになるかもしれません

スポンサーリンク

おすすめの記事