就寝前やカフェインを摂取する量を減らすときでもコーヒーを飲みたいなってときがありますよね。
そんなときにはカフェインレスコーヒーという選択肢があります。
ですがコーヒーにはカフェインが必ず含まれています。ではどうやってカフェインレスコーヒーという物を作っているのでしょうか。
今回はカフェインレスコーヒーについて調べていきましょう。

カフェインレスとは?

カフェインレスとはカフェインの含有量が限りなく0に近くほとんど入っていないというものです。
ノンカフェインと混同されがちですが、ノンカフェインはカフェインが全く含まれていないというものです。

どうやってカフェインを取り除くのか?

簡単にコーヒー豆からカフェインを取り除くと言われてもよくわからないと思います。
イメージ的にはコーヒー豆を「卵」カフェインを「卵の黄身」だとすると、卵の殻を割らずに卵の黄身だけを取り出してしまおうということです。

カフェインを取り除く方法は大きく3つの方法があります。

有機溶媒抽出(ゆうきようばいちゅしゅつ)

この方法はコーヒーの生の豆を有機溶媒を通してカフェインを抽出する方法です。
(かなりざっくりした説明ですが、有機溶媒とは・水に溶けない物質を溶かす液体の総称です。)
現在使われている有機溶媒は「ジクロロメタン」という物質です。
ジクロロメタンにコーヒーの豆を漬け、カフェインを溶け出させて取り除く方法です。

ジクロロメタンは直接人の肌に付くと炎症を起こしたり、発がん性が疑われたりと安全な物質ではありません。
ジクロロメタンは39.75℃で気体になって蒸発してしまうため、熱湯でコーヒーを淹れれば蒸発してしまいます。

海外ではカフェインを抜くために使われている方法ですが、日本ではジクロロメタンを使用したコーヒー豆の輸入は禁止されています。

低コストでカフェインを抜くことができる反面、カフェイン以外の成分も抜けてしまうため味が悪くなってしまします。そしてコーヒー豆を直接薬品に漬けるため安全面でも不安を感じるというデメリットがあります。

水抽出法

この方法は水を使い、直接コーヒー豆に有機溶剤を使わない方法です。
コーヒーの生豆を水に漬け水に溶ける成分を抽出する→その水の中のカフェインを薬品で取り除く→その水から薬品を取り除く→薬品を取り除いた水にコーヒーの生豆を戻し溶け出していた成分を 再び 生豆に戻す

水抽出法はカフェイン以外の成分の損失が抑えられるのがメリット

超臨界二酸化炭素抽出
(ちょうりんかいにさんかたんそちゅうしゅつ)

すごく難しい名前のカフェインの抽出法ですが有機溶媒抽出と水抽出に比べ、薬品の残留がなく安全なカフェインの除去の方法です。

すこし難しい説明になるので飛ばして読んで頂いても大丈夫です。
・二酸化炭素は31.1℃以上73.8気圧以上の状態で気体の拡散性と液体の溶解性をあわせ持った「超臨界流体」という状態に変わります。
この「超臨界状態」の二酸化炭素でコーヒーの生豆を処理するとカフェインを除去することができます。

この方法はコストがかかってしまうのがデメリットです。

カフェインレスコーヒーを飲むタイミング

ここまでカフェインレスコーヒーを作る方法を見てきましたがどんな時にカフェインレスコーヒーを飲むと良いのでしょう。

・夜寝る前にコーヒーが飲みたくなったとき
普通のコーヒーではカフェインが含まれているので興奮状態になったり、寝付きが悪くなり眠りが浅くなってしまいます。
ここでカフェインレスコーヒーの飲めば夜寝る前でも安心してコーヒーを楽しむことができます。

・妊娠中や授乳中など赤ちゃんに影響が心配なとき
息抜きやリラックスタイムにはコーヒーが欲しくなるときがあります。
しかし妊娠中や授乳中は赤ちゃんへのカフェインの影響が心配になるものです。
そこでカフェインレスコーヒーを選べば赤ちゃんへの影響も心配なく気分転換やリラックスタイムにコーヒーを楽しめるでしょう。

・うつ病などカフェインを避けたほうがよいとき
他の記事でふれましたが、カフェインは興奮状態にしたりイライラさせたりするので 気持ちを不安定にさせてしまいます。
ですのでうつ病の人はコーヒーを控えたほうがよいです。
そんなときにもカフェインレスコーヒーにすればカフェインによる悪い影響を抑えることができるでしょう。

スポンサーリンク

おすすめの記事