2019年1月8日夜にNGT48のメンバーである山口真帆さんが男2人から暴行事件を受けていた事が自身が配信した動画によって明らかになりました。

その動画は「SHOWROOM」という主にアイドルやタレントが生放送をストリーミング配信をしている無料視聴アプリです。

その配信で山口真帆さん本人が号泣しながら「殺されていたらどうするんだって思う。生きてる感じがしない。」と暴行被害を告発するという深刻なものでした。

今回のこの事件は実は2018年12月8日の午後9時頃に起きた事件だということが山口真帆さんの証言により判明しました。

NGT48 山口真帆 暴行事件

事件が起きた当日、公演を終えて帰宅した山口真帆さんのマンションの玄関先に押しかけた無職男性(25)と男子学生(25)に襲われ、悲鳴を上げると顔をつかまれ、押されたとのことでした。その後、男2人は暴行容疑で逮捕されたが、12月28日に不起訴処分になったと報じられました。

今回の事件で一番問題とされているのは山口真帆さんのマンションの住所がバレていたことで、しかも同じNGT48のメンバー内に公演後の帰宅時間を教えたり、マンションの部屋を教えたり、家に行けと犯人の男2人をそそのかしていたメンバーがいる可能性があるということです。

警察の捜査では、犯人と特定のメンバーがつながっているという証拠となるものはなかったと報じられたが、グループの運営は、山口真帆さんの自宅は知らないものの推測できるような情報を与えたメンバーがいたことは認めています。

今回の事件のことに関して2019年1月10日に新潟市内で行われたNGT48劇場3周年公演にて山口真帆さんが被害者でありながら「お騒がせしてしまって、すいません。」と謝罪したことによって運営に対しての不満を訴えるファンも多かったようです。

山口真帆のハレンチ動画

NGT48の山口真帆さんがSHOWROOMでの動画配信の内容がハレンチ過ぎて、卑猥な行為をしていたのではないかと話題になりました。

ニコ生やツイキャスなどが有名ですが、最近はSHOWROOMという動画配信サービスも人気が出てきています。

その問題となった動画は山口真帆さんが「ハレンチハレンチ~いままでで一番、ハレンチハレンチ、ハレンチまほほん~」と言いながら、画面が激しく揺れ、パンパンと音がしていることからネット上で「行為中なのでは?」という声が多かったようです。

問題となった動画配信から数日後に山口真帆さんが謝罪し誤解を招いた原因を語ったことにより真相が明らかになりました。

そういう想像をさせるハレンチと連発していたことと、ベッドに寝転がりながら、足をバタバタさせていた。とのことでした。
この一件に関しては「安心した。」、「そうだとおもった。」などの声が多くファンの誤解は無事に解けたようです。

山口真帆のプロフィール

名前:山口真帆

誕生日:1995年9月17日

出身地:青森県

血液型:O型

身長:161㎝

山口真帆さんは新潟を拠点としたAKB48の姉妹グループとして2015年に結成されたNGT48のメンバーで、愛称は、「まほほん」
NGT48を兼任していたこともあるAKB48のメンバーである柏木由紀を尊敬している。

特技は、円周率100桁を言うこと。
自動販売機のボタン早押し。
2016年に「ハレンチハレンチ~」と連呼する動画配信が話題になった。
美形だけど不思議ちゃんキャラとして知られている。

今後の活動まとめ

号泣しながら暴力事件にあったと報じられたことにより活動休止なども予想されたファンも多かったのではないかと思います。

ですが山口真帆さんは事件を告白した数日後の劇場公演にも姿を現していたことから心の問題はあるかと思いますが、ひとまず安心といったところでしょうか。

今回の事件で運営側の対応の悪さがメンバー内に不安を与える形になり体調を崩すメンバーもいる状態のようです。

今回の一件から暫くの間は公演なども全て中止し、NGT48の出演CMなども放送中止など活動が制限されている状態が続いているが、一刻も早く活動が再開されることを期待したいとおもいます。

スポンサーリンク

おすすめの記事