美少女フィギュアの「フィぎゅっと!」や「フィギュア&トイズ」で有名な(株)グリフォンエンタープライズが破産手続きを開始決定しました。

グリフォンエンタープライズとは

グリフォンエンタープライズとはフィギュアの企画・製作・製造をおこなっていた会社です。
他にも関節部分が可動するアクションフィギュア「フィぎゅっと!」の開発・販売も行い最近は塗装済み完成品のフィギュアの販売メインとなっていました。

■グリフォンエンタープライズ
資本金 1000万円
登記面/神奈川県横須賀市上町1-65
代表 鈴木 崇文氏

1992年(平成4年)6月創業
2000年(平成12年)5月に法人改組
2015年4月期には年売上高約11億円を計上するまでになっていました。

スポンサーリンク

なぜ破産したのか

2019年1月22日に横浜地方裁判所から破産手続き開始決定を受けました。
なぜ倒産にまで追い込まれたのか?それにはフィギュアの原型を担当していた「原型師」が大きく関わっていました。

原型師(げんけいし)とは、銅像や貴金属と玩具に模型や工業製品デザインとその部品などのひな型や試作品などの原型や塑像などを製作する職能を持つ人間である。

2015年9月にフィギュアの原型を担当していた「原型師」が退職してしまい、以降最新フィギュアの発売の延期・発売の中止が相次ぎどんどん業績が悪くなっていきました。

2015年10月には求人募集も

2015年10月にはこんな求人募集も出ていました。

■グリフォンエンタープライズ 求人中
デジタル原型師の見習いさんを若干名募集します!
アルバイトからスタートで社員登用あり
小物などを作りつつ、グリフォンでの制作方法を学んでもらう感じです。
腕に自信がある方求むっ!
何か質問があれば私へどうぞ♪

という内容ですが、このときから破産への道をすでに進んでいたのではないかと思われます。

スポンサーリンク

フリー原型師「i-con」とは


原型師について調べてみると一人の原型師の方を見つけました。
「 i-con」さんおそらくこの方がグリフォンエンタープライズを退職された原型師の一人ではないかと思われます。
i-conさんの携わったフィギュアには「遊戯王」や「地獄先生ぬ~べ~」など有名な作品もあり、実際のフィギュアを見てみるととても繊細なフィギュアばかりで技術は最高レベルの方なのではないかと思います。

i-conさんを失ったグリフォンエンタープライズが最新フィギュアの発売の延期・発売の中止が相次いだのも納得できる気がします。

グリフォンエンタープライズ破産まとめ

グリフォンエンタープライズが破産したのはメインのフィギュアの制作を担当する「原型師」が辞めたことがきっかけでした。
フィギュアを作って売る会社が新作フィギュアの発売の延期・発売の中止が相次いでいれば、業績が悪化するのは必然だと思いますが、当時のグリフォンエンタープライズの社長はそこまで重大なことと考えていなかった可能性があります。
やはり社員を大切にしない会社は倒産していくのではないでしょうか。

スポンサーリンク

おすすめの記事