毎日電車通勤で会社に行く人のほとんどが電車の遅れ・遅延を体験したことがあるとおもいます。
電車の遅延にはいくつか理由があります。
・踏切への立ち入り
・車両自体のトラブル
・客同士のトラブル
・人身事故
などが上げられます。
今回は人身事故を起こすと遺族には鉄道会社から賠償請求として「億単位」の金額を請求されるといううわさについて調べてみようと思います。

スポンサーリンク

人身事故の賠償金は億単位?

鉄道事故の賠償金額の計算の仕方は運転再開までにかかった金額の合計で計算されます。
1・人身事故による車両破損の修理代
2・遅延による払い戻し代
3・人身事故現場の清掃コスト
4・遅延による他の鉄道会社やバス会社への振替え輸送代
電車の遅延を起こした時間帯が利用客の少ない昼なのか、ラッシュの時間帯かによっても賠償金額は変わってきます。

実際、昼間に人身事故を起こした場合の賠償金額は数百万円単位。
ラッシュ時に人身事故を起こした場合は数千万円単位での賠償額になります。
億単位での賠償請求になることはほぼない様です。

鉄道会社は裁判をおこさない?

鉄道会社は人身事故を起こした本人が亡くなっている場合、遺族に損害賠償を請求します。
実際、人身事故を起こした遺族に数千万円単位の賠償金が請求された場合どうすればいいのでしょう?
そうなった場合亡くなった方の遺産から賠償金を支払いをするパターンと、亡くなった方が若く遺産がなく、遺族が賠償金を支払える経済状況では無かった場合「相続放棄」という2パターンがあります。

遺産がない場合、相続人が相続放棄をしてしまえば、賠償請求に応じる義務はなくなってしまうのです。
ですので鉄道会社は裁判を起こしても相続放棄されてしまえば、裁判の意味がないため鉄道会社は諦めざるを得ないないのです。
「相続放棄」をすれば裁判所から『受理証明書』が発行されます。
それを鉄道会社へ持って行けば賠償金の支払いは義務はなくなります。

亡くなった本人が自殺の場合、鉄道との交渉の段階で遺族は亡くなった人の遺産から賠償金を支払えるのであればこの時点で支払い、支払えない場合は「相続放棄」をすれば遺産以上の損売買賞責任を負う必要はなくなります。
もし遺族が賠償金が支払えるにも関わらず、支払いを拒否した場合でも人身事故については運転事故ではないので、鉄道会社には一切非がないため裁判で遺族側が勝つことはありえないわけです。
以上の理由から鉄道会社は裁判を起こすメリットがないため、裁判を起こさないのです。

億単位の賠償請求は都市伝説?

事実人身事故を起こしても遺族には億単位の賠償金が請求されることはほぼありません。
しかし、人身事故を起こした人の遺族が億単位の損害賠償を求められ遺族は一生支払いに追われる。
という話は聞いたことが少なからずあると思います。
ではどうしてこの「億単位の賠償請求をされる」といううわさが広まったのでしょうか?

これは事実に基づいたうわさではなく鉄道事故への抑止力として広まったうわさだと思われます。
駅のホームで電車が通過するたび「今電車に飛び込んだら」と考える人は必ずいるとおもいます。
そんな人も「今飛び込んだら残された家族に一生払いきれない賠償金が請求される」と一瞬でも思い出して自殺を踏みとどまることができたとすれば、この都市伝説はとても価値のある都市伝説だと言えます。

スポンサーリンク

電車の人身事故遺族が支払う賠償金額は億単位?まとめ

ここまで人身事故による賠償金額を調べてきました。損害賠償の支払いについては
・亡くなった方の遺産から賠償金を支払いをする
・亡くなった方が若く遺産がなく、遺族が賠償金を支払える経済状況では無かった場合「相続放棄」する
という方法がありました。

遺産がない場合、相続人が相続放棄をしてしまえば、賠償請求に応じる義務はなくなってしまいます。
鉄道会社も事前に損害賠償請求をしても遺族に支払える能力があるか調べてから賠償請求をします。
しかし、人身事故で自殺した方のほとんどは経済的に困窮している場合が多く遺族も支払うことが出来ないため鉄道会社が賠償金の請求を諦めざるを得ないのが現実でした。

事実、億単位の賠償請求は都市伝説でしたが人身事故を減らすために大きな抑止力になっていました。
人身事故は鉄道会社にも鉄道を利用している人、また鉄道で移動した先の予定まですべての人が迷惑を被ってしまいます。
電車でトラブルを起こすのはやめて頂きたいですね。

スポンサーリンク

おすすめの記事