最近YouTubeなどの動画をSNSで拡散して再生数が伸びバズった!なんていう表現をよく聞きます。
なんとなく意味はわかるのですがハッキリとした意味を説明するとなるとイマイチよくわからなかったので今回は「バスる」という言葉の意味を調べてみようと思います。

バズるとはどういう意味?

「バズる」とはツイッター、YouTubeなどのインターネット上である特定のキーワードや話題などが爆発的に広まっていく状態の事を意味する言葉です。
インターネット上やテレビなどの影響である特定のキーワードや話題が一気に広まっている事を「バスる」もしくは「バズった」というように表現します。

一部では「バズ」の2文字だけを表現する場合もあります。
インターネット上で特定のキーワードがツイッターで多くの人にツイートされたり、そのキーワードを取り上げたブログのアクセスが爆発的に伸びるなど「バズ」が起きる状況は異なります。

スポンサーリンク

バズるの言葉の由来

「バズる」は英語の「Buss」というマーケティング用語が由来となっています。
英語の「Buss」には「蜂がブンブン飛び回る音」「機械がうなるような音を立てる」「一つの場所に集まりうわさ話でザワつく」「(うわさ話などを)いいふらす」などの広い意味があります。

「蜂がブンブンと耳障りな音を聞く」「人々のうわさ話になるほど話題になっている」という意味が転じて、インターネット上で「注目されている話題」「拡散されている話題・キーワード」という意味で使われるようになった言葉です。
「バズる」という言葉は英語の「Buss」に日本語の動詞「~する」という言葉をくっつけた和製英語です。

日本独特の表現のため、海外では通じないのでご注意ください。

「バズる」と「炎上」の違い

ある特定のキーワードに対して一気に注目が集まるということの意味は同じですが、他にも「炎上」という言葉があります。
「バズ」と「炎上」という言葉の意味には決定的な違いがあります。

・「バズ」→主にインターネット上に拡散する理由が「良い」意味で使われます。
・「炎上」→インターネット上に拡散する理由が「悪い」意味で使われます。

「炎上」は不祥事やあおるような表現をすることによって、非難や批判が相次ぐ状態を主に指します。

「バズる」と「炎上する」というのは話題になったり一気にアクセスが集まるという点では同じですが、二つの言葉は意味が全く逆なのです。

スポンサーリンク

「バズる」の使い方

・最近この動画が「バズった」
・あのYouTuber「バズった!」って言っているけどあれは「炎上」だよ。
・ブログで流れに合ったテーマを取り上げると「バズり」やすい。

など良い意味で「情報が一気に拡散する」時にバズったなどと表現します。

バズるとはどういう意味?言葉の由来と数字の基準まとめ

「バズ」は良い意味で情報が一気に拡散すること
「炎上」悪い意味でじょう方が一気に拡散すること
「バズる」とはツイッター、YouTubeなどのインターネット上である特定のキーワードや話題などが爆発的に広まっていく状態の事を意味する言葉。

インターネット上やテレビなどの影響である特定のキーワードや話題が一気に広まっている事を「バスる」もしくは「バズった」というように表現します。
一部では「バズ」の2文字だけを表現する場合もあります。

インターネット上で特定のキーワードがツイッターで多くの人にツイートされたり、そのキーワードを取り上げたブログのアクセスが爆発的に伸びるなど「バズ」が起きる状況は異なります。

バズには数字など明確な基準がないため個人の感覚によるところが多い。
ツイッターで自分のつぶやきが一晩で10,000リツイートされたり、ブログのアクセスが10,000PVに達したりと一気に情報が拡散されれば明確な数値がなくても「バズった」と言えるでしょう。

スポンサーリンク

おすすめの記事