2019年4月1日自分で釣った魚を簡単気軽に出品できる、オークション形式のサービスがスタートすると話題になっています。
実際釣った魚をオークションで売るとはどんなサービスなのでしょうか?
今回はFish Saie(フィッシュセール)について調査してみましょう。

スポンサーリンク

Fish Saie(フィッシュセール)とはどんなサービス?

個人で釣りに行ったとき自分で食べる以上につれてしまった!なんことは釣りに行ったことがある人はだいたい経験したことがあると思います。

自分で食べられるだけ釣るというのは釣り人なら誰でも知っている常識です。

しかし、実際に釣りをしているととても魚が釣れる時があり、それは今まで釣りに行くことはあったけどあまり魚が釣れたことがないなんて人にとっては最高の瞬間でもあります。

いつも頑張っても釣れないのに、投げれば釣れるなんて楽しくてこれぞ釣りの醍醐味みたいなところがあります。

しかし、釣っている瞬間は後の魚をどうするかなんて実際考えてなかったりします。

ご近所に配ってお家でも魚尽くしの贅沢なご飯を作ってもとても食べ切れません。

そんなときに利用できるサービスがFish Saie(フィッシュセール)です。

個人で釣りを楽しんだ後に自分で食べきれない分を全国の新鮮な魚を食べたい人にネットオークション形式で出品し、自宅までお届けするサービスが2019年4月1日よりスタートします。

出品する人は魚の命を無駄にすることなく誰かに食べてもらうことができ、買い手も新鮮が魚が自宅まで届くというコンセプトです。

買い手には飲食店も利用することができ、市場が休みだけど新鮮な魚が欲しい時にでも魚を検索し入札し購入することができます。

Fish Saie(フィッシュセール)サービス・会社概要

■サービス概要
サービス名: 釣魚オークション「Fish Saie」
公式サイト  https://fishsale.jp/
販売手数料  落札価格の10%
※2月1日~3月末日までに事前登録すれば「オープニングキャンペーン」として、2020年3月末日まで約1年間落札手数料が10%→5%に優遇さお得になります。

■会社概要
会社名: Fresh Speed株式会社
所在地: 大阪府大阪市西区新町1-4-26 ニッケ四ッ橋ビル6階
代表者: 代表取締役 長辻 博史
業務内容: 水産・魚介の売買に関する情報サービス 釣魚オークションサイト「Fish Saie」の運営
URL: https://fishsale.jp/

Fish Saie(フィッシュセール)での発送の仕方

落札された魚の発送方法の詳細はまだサイトにも記載がありませんが、発泡スチロールに氷をしきつめ魚を入れしっかりと梱包しおそらく宅配便のクール便などの利用が発送の条件になると思われます。

Fish Saie(フィッシュセール)の魚は本当に新鮮?

Fish Saie(フィッシュセール)で送られてくる魚は本当に新鮮なのでしょうか?

これは出品する人の知識・技術・管理方法に依存する部分が大きいでしょう。

特に趣味で釣りをしている人は釣った魚をしめずにクーラーボックスにいれ持ち帰り、そのままFish Saie(フィッシュセール)に出品するはずです。

ここで心配になる点があります。

海で釣り上げた魚がどのくらいの時間保存され発送までにどんな環境で保存されていたのか全くわからないという点です。

この問題を解決するには出品者の評価制度が鍵となると思われます。

状態の悪い魚を出品した出品者はペナルティーを受け出品できなくなったり、自然と買い手が付かなくなり消えていくでしょう。

改善されていく問題ではあると思いますが、買い手の不安をいかになくすことができるかがこのFish Saie(フィッシュセール)が伸びていくためには大きな課題になっていることが間違いなさそうです。

スポンサーリンク

Fish Saie(フィッシュセール)の注意点

Fish Saie(フィッシュセール)の利用する注意点としては出品しているのが漁師ではなく釣り好きの素人という点です。

漁師さんは魚のプロで魚をどんな風に〆れば美味しい状態が続くか?、出荷するギリギリまで生けすで泳がせておた方がいいのか?、そもそも毒を持った魚ではないか?など専門知識の量と技術が素人とは別格です。

そんな漁師さんがいるからこそ日本のスーパーや魚屋さんで新鮮で安心な魚が食べられることも事実です。

しかし、ネットオークションで出品する人が全くの素人だとどうでしょう?

まず釣った魚を素早くしめて氷水などで保存し、自宅で落札されるまで安全に保管することができるでしょうか?

有名な毒を持った魚はわかるかもしれませんが、知識の無い素人が毒を持った魚を出品し落札した人の家庭で食べられてしまったなんてことも起こらないとは言い切れません。

このサービスで利用する側にも出品する側にもそれなりの知識と魚をしめる技術・安全に保管できる環境が必要だと思われます。

Fish Saie(フィッシュセール)まとめ

2019年4月1日自分で釣った魚を簡単気軽に出品できる、オークション形式のサービスFish Saie(フィッシュセール)

まだまだ解決しなければならない問題はたくさんありますが、まだサービス開始まで時間はあります。

Twitterなどで話題になっている意見を取り入れどんどん対策を打ってもらえたら、釣れすぎた魚の命を無駄にすることなく、誰かに食べてもらえる素晴らしサービスになっていくと期待しています。

スポンサーリンク

おすすめの記事