名探偵コナンの新作「紺青の拳(フィスト)」の4月12日公開に合わせて、4月19日金曜日に2010年に公開された怪盗キッド出演の「天空の難破船(ロストシップ)」が放送されます。

キッドの出演作はどれも面白いのですが、「天空の難破船(ロストシップ)」も最高に面白い内容となっています。

そんな「天空の難破船(ロストシップ)」のネタバレを調べてみました。

また、主題歌とゲスト声優についても調べていきます。

ネタバレなので、結末を知りたくない方は読まないようにしてくださいね。

スポンサーリンク

 

名探偵コナン天空の難破船のネタバレ

あらすじは十数年前に消えたテロ集団「赤いシャムネコ」が再び活動を再開し、国立東京微生物研究所に侵入して殺人バクテリアを盗み出したところから始まります。

「7日間以内に次の活動を起こす」と予告状を出し、警視庁は厳戒態勢に入ります。

いわゆる「パンデミック」の恐れが出てきたと言うことになります。

コナン君と大阪の平次との間に交わされたこの件は、「なぜ赤いシャムネコが研究所を爆破したのか」という点に推理を集中しています。

場所は代わって、コナン君は今日は鈴木財閥の令嬢園子に誘われて飛行船に乗りに行きます。

園子の親族である鈴木次郎吉がまたもキッドに挑戦状を出し、「レディスカイ」という宝石も準備されています。

この次郎吉とキッドの戦いを見ようと、テレビ局のクルー数人も集まっています。

そんな中で、飛行船は離陸して空へと飛びだしていきます。

全く関係のない二つの事件が、この飛行船で結びつきます。

飛行船内で殺人バクテリアに感染したと思われる人が続出するのです。

感染先は喫煙室なので、そこに感染者は隔離されます。

そこに何と、「赤いシャムネコ」を名乗る武装集団が乗り込んできてしまうのです。

ここからのコナンと「赤いシャムネコ」の戦いは、映画で十分お楽しみください。

コナン君、頑張ります。

スポンサーリンク

ここからが本題です。

コナン君が「赤いシャムネコ」に飛行船から落とされてしまうのです。

しかし、同時に飛行船から飛び降りる人間がいて、それが「怪盗キッド」だったのです!

キッドはコナン君を助けると再び飛行船を目指します。

ここのシーンは、本当にキッドが格好良すぎるので、是非映画を観てくださいね。

飛行船に戻ったコナン君は、殺人バクテリアのトリックに気付きます。

感染者と言われている人とそうではない人の違いは、喫煙室に入った人だけなのです。

そう、喫煙室の取っ手に秘密はありました。

「漆」が塗られていたのです。そのため発心が出たり、肌が赤くかぶれたりしていたのです。

要するに「殺人バクテリアい」は盗まれていなかったのです。

犯人グループの狙いは、東京微生物研究所が爆破されたことにより「殺人バクテリア」が盗まれたと思い込ませることにありました。

では、最初に「殺人バクテリア」に侵されたルポライターの藤岡はなぜそんなに発心がでたのか、必要以上に侵された演技をしたのか。

そう、藤岡こそが「赤いシャムネコ」を傭兵を雇ってさも復活させたように見せかけた張本人だったのです。

そのため、感染者を装って、他の人にも恐怖を植え付ける役割を負っていました。

藤岡の目的は、パンデミックを恐れて逃げようとする奈良の財宝の数々を手に入れることでした。

それも平次とコナン君に読まれて台無しになってしまいました。

名探偵コナン天空の難破船の主題歌

内容が二転三転して面白い「天空の難破船(ロストシップ)」ですが、主題歌は今は解散してしまいました「ガーネット・クロウ」です。

「Over Drive」という曲です。

ガーネット・クロウと言えば、名探偵コナンの主題歌をたくさん担当してきました。

この先もう聞けないとなると、寂しい気持ちになりますね。

名探偵コナン天空の難破船ゲスト声優は?

「天空の難破船(ロストシップ)」のゲスト声優は、既に引退されましたが、当時は人気を博していた子役の「大橋のぞみ」さんです。

「川口聡」という平次と和葉の知り合いの子供で、「赤いシャムネコ」が財宝を狙っていることを気付かせるキーマンとして出演していました。

もう一人は、テロリストの一員として飛行船に乗りこんでいたウエイトレス役の「優木まおみ」さんでした。

天空の難破船ネタバレ犯人結末は?主題歌ゲスト声優を調査!まとめ

怪盗キッドの映画は前までは純粋に盗みに関するものだったのですが、この映画はキッドが工藤新一のふりをしたため蘭ちゃんは二人を混同しています。

完全に勘違いしているので、なんとなくラブラブな雰囲気が漂うことがあるのがポイントです。

それにコナン君がやきもちを焼くというのが天板になってきています。

主題歌もコナンファンであれば、懐かしいノスタルジックな気持ちにひたることができるでしょう。

たくさんの面白味が詰まった「天空の難破船(ロストシップ)」是非放映を楽しみに待ちましょう。

スポンサーリンク

おすすめの記事