皆さんは「ローレン・グレイ」をご存じですか?ローレン・グレイは10代~20代の女性に絶大の人気を誇る女性です。

そのローレン・グレイが3/26(火)に行われた『超十代 – ULTRA TEENS FES – 2019』に出演するために初来日しました。

「アメリカのSNSクイーン」と名高いローレン・グレイですが、どんな女性なのか、プロフィールや人気の理由を調べてみました。

スポンサーリンク

ローレン・グレイ・ビーチとは誰?

そもそも、ローレン・グレイとは誰なのかがわからない人も多いかもしれません。

まずはローレン・グレイがどんな女性なのかを紹介いたします。

ローレン・グレイはアメリカ出身の16歳です。ブロンドの長い髪に真っ白な肌、ダークブラウンの大きな瞳をしていて、見た目はまさに「リアル・バービー」。

彼女のInstagramのフォロワーは1,600万人を超え、ティーンエイジャーに絶大な人気を誇るインフルエンサーです。

2018年8月には歌手としてもデビューしており、職業としては「シンガー・ソングライター」になるようですね。

ローレン・グレイ・ビーチのプロフィール

そんなローレン・グレイのプロフィールについて調べてみました。

ローレン・グレイはアメリカのポッツタウン出身で、2002年4月19日生まれの16歳です。本名は「ローレン・グレイ・ビーチ」というようで、グレイは苗字ではなくミドルネームになります。

本人は元々、プレスクールでからかわれたことが理由で、「グレイ」というミドルネームが嫌いだったようです。

しかし、今では苗字の「ビーチ」よりも「グレイ」というミドルネームが好きになったと、Youtubeのインタビュー動画で語っています。
(動画は残念ながら削除されてしまいました。)

SNSで有名になることで、「ローレン・グレイ」という名前が世界に浸透し、それによって好きになれたということでしょうか。

グレイもビーチも素敵な名前だと思います。

職業は「シンガー・ソングライター」ですが、3歳のころからモデルとして活動していたようなので、16歳とは言え芸歴はとても長そうですね。

まだ16歳という事なので日本で言えば、4月から高校2年生の年齢ですが、現在は学校には通わず、オンラインでホームスクーリングを受けているようです。

公立の学校があまり好きではないからという理由で、通学ではなくホームスクーリングを選んだみたいです。

このホームスクーリング、アメリカでは珍しいことではないようで、さすが自由の国アメリカという感じですね。

ローレン・グレイの今の人気ぶりを見ると、学校に通学することは難しいと思いますし、芸能活動をしながらとなればホームスクーリングが一番合っていると思います。

現在、Twitter、Facebook、Instagram、TikTokと、複数のSNSで活躍していますが、全体の総フォロワー数は驚異の5100万人超えのようです。

彼女のインフルエンサーとしての影響力は海外セレブにも及び、スキ・ウォーターハウスやパリス・ヒルトンなども彼女をフォローしています。

スポンサーリンク

ローレン・グレイ・ビーチの人気の理由

ローレン・グレイがここまで人気になったきっかけは、アメリカのmusical.ly(ミュージカリー)というアプリです。

このミュージカリー、現在は買収されてTikTokと統合されてしましましたが、TikTokと同じで音楽に合わせて口パクを披露するという内容のアプリになります。

このミュージカリーに動画を投稿していたローレン・グレイは、その美少女過ぎる容姿からすぐに人気となり、どんどん有名になっていきます。

2016年からはYoutubeへの動画の投稿をスタートさせたローレン・グレイですが、こちらの人気も絶大でチャンネル登録数は現在340万人を超えています。

投稿している動画の数は日本のYoutuberなどに比べても圧倒的に少ないのですが、1つひとつの再生回数はけた違いで、その人気ぶりが伺えます。

2018年8月に歌手デビューをしていますが、デビューシングル「My Story」はSpotify Globalバイラルチャート、Japanバイラルチャートで1位を獲得しており、歌手としての人気も高まってきています。

4月5日には新曲「オプションズ」をリリース予定となり、順風満帆といったところでしょうか。さらなる活躍に期待できますね。

ローレングレイビーチとは誰?プロフィール出身人気の理由を調査まとめ

以上が、ローレン・グレイのプロフィールや人気の理由を調べた結果でした。

今はSNSを中心に10代・20代の女性に特に人気のローレン・グレイですが、まだ16歳ということを考えると、これからさらに実力をつけていき、世界的な大スターになるかもしれません。

今後の活躍に期待したいと思います。

スポンサーリンク

おすすめの記事