今ネットで大きな話題になっている「不登校YouTuberゆたぼん」とは一体どんな人物なのでしょうか?

YouTuberの中には多額の収入を得て成功している人もたくさんいますので、職業として一定の評価を得ていると思いますが、不登校というキーワードが気になりますね。

今回はそんな「不登校youTuberゆたぼん」の出身や両親そして学校までご紹介していきたいと思います。

不登校でYouTuberを選んだ意外な理由もわかるかもしれません。

スポンサーリンク

不登校YouTuberゆたぼんとは?不登校の原因

まず気になるゆたぼんの本名は「中村逞珂(ゆたか)」さんという名前です。

現在は10才で沖縄県宜野湾市にお住まいですが、不登校になってしまったきっかけは大阪府茨木市の小学3年生だった時に宿題を強制されられ、素直に宿題をする同級生までがロボットに見え、「このままでは俺までロボットになってしまう」という危機感を持ったからだそうです。

現在は少年革命家として不登校に悩む子供達の相談に乗ったり、「少年革命家ゆたぼんの自由への扉」という番組でラジオのパーソナリティーも務めていて、沖縄ではかなりの有名人です。

ラジオのぱパーソナリティーまで務めるなんてすごい小学生ですね!

不登校YouTuberの両親の名前は?

ゆたぼんは沖縄県に住む10才の少年との事ですので、小学生という事になりますね。

まだ少年という事でご両親の影響が大きいかと思われますので、お父さんのプロフィールを確認していきましょう

私自身2人の中学生の子供を持つ母ですので、子供が不登校になる事には抵抗があるというのが正直な気持ちです。

ゆたぼんのご両親の本音が気になります。

スポンサーリンク

中村幸也

大阪府茨木市に生まれる。
中卒。
元暴走族。
中学卒業後、すぐに就職し働き始めるが、3か月で辞めたのち、20回以上の転職を繰り返す。
暴走族の副総長となり、恐喝、窃盗、傷害など様々な悪事に手を染め、やんちゃから悪になってしまったようです。

心が病におかされ、うつになるが地元を離れ、働きながら新たな自分を見出す。
現在は心理カウンセラー、あきらめる生き方の専門家、禁煙カウンセラーなど
様々な肩書きを持っています。

なかなか型にはまらない生き方をされてきた方のようですね。

自由に生きてきた方なので、あまり学校に重点を置いていないのかもしれませんね。

不登校YouTuberの通っている学校はどこ?

ゆたぼんが現在どこの学校に在籍しているのかはわかりませんでしたが、大阪府茨木市の3年生の時に、宿題を強制する学校に不満を持ち、また素直に宿題をする同級生がロボットに見えてしまい、「このままでは俺までロボットになってしまう」と沖縄県宜野湾市への転居を機に不登校になりました。

という事で現在の居住地、沖縄県宜野湾市の小学校には一度も通ってないのかもしれません。

宿題については同じ量でも、費やす時間についてはとかく個人差があり、難なくこなしてしまう子もいれば、苦手な子供にとっては辛い事もあるかと思います。

ただ能力によって量を変えたり、「やらなくて良い」としてしまっては差別になってしまいますし、約束事を守らなくて良い・・・としては秩序が保てないですから、学校側の対応としては間違ってはいないですね。

不登校YouTuberゆたぼんとは?出身地両親な名前学校原因を調査!まとめ

不登校YouTuber不登校ゆたぼんの出身地は大阪府茨木市で、現在は沖縄県宜野湾市在住です。

お父さんは元暴走族で現在は心理カウンセラーをしてらっしゃいます。

職業からして不登校の子供達の相談に乗っているのはお父さんかもしれませんね。

不登校について、ここでは個人的な賛否は述べませんが、学校へは行かなくても(行けなくても)同等の学力を得る必要があると思います。

かの福沢諭吉先生も仰っています

「天は人の上に人を作らず、人の下に人を作らず」

平等であるのに、差がついてしまうのは学ぶと学ばざるとの違いであると。

未来ある子供達は誰かの為でなく、自分の為に学んでほしいと願っています。

スポンサーリンク

おすすめの記事