電撃ネットワークのリーダー・南部虎弾さんが自身のTwitterで腎臓移植手術を終えたことを報告し話題となっています。

南部さんは5、6年前に糖尿病と診断されており、最近は主治医から人工透析を勧められるくらい、状態はよろしくなかったようです。

しかし、南部さんは人工透析をすると海外に行けなくなってしまうという理由でこれを拒否しており、腎臓移植を選んだみたいですね。

南部さんは4月に行われた都内での公演中に、腎臓移植手術を受けることを明かしていましたが、無事成功したようで良かったです。

同じく電撃ネットワークのメンバーであるキュウゾウさんもTwitterを更新しており、手術の成功の喜びとファンへの感謝のメッセージをツイートしています。

しばらくは電撃ネットワークとしての活動は難しいと思いますが、早く元気な姿で復帰してほしいですね。

スポンサーリンク

南部虎弾の読み方は?

「南部虎弾」とみて、皆さんどう読むんだろう?と疑問に思われた方も多いと思います。

そこで読み方を調べてみましたが、「南部虎弾」と書いて「なんぶ とらた」と読むそうです。

意外と読み方は普通ですね。

過去には同じ読み方で「南部虎太」「南部寅太」という芸名を使っていたようなので、改名して今の芸名になったようです。

ちなみに本名は佐藤道彦(さとう みちひこ)さんというみたいです。芸名とは違い、普通のお名前でした。

スポンサーリンク

南部虎弾病院はどこ?

前述でもあった通り、南部さんは以前から糖尿病と診断されていました。

2017年3月末には、この糖尿病の悪化により自宅で倒れており、緊急入院しています。

同年5月には急性冠症候群による心不全のため、心臓バイパス手術を受けています。

そして今回、腎臓移植手術を受けて成功しています。

このように、南部さんは何度か手術を受けているようなのですが、どこの病院に行かれているのでしょうか?

南部さんが手術を受けた病院を探してみましたが、残念ながら病院名まではわかりませんでした。

都内にある病院がかかりつけ病院のようなのですが、移植手術ができる病院は都内でも限られると思います。

かなり設備が揃った大きい病院なのではないかなと思います。

南部虎弾の嫁は?

南部さんは36歳の時に結婚しています。

奥様は由紀さんというお名前で、南部さんの17歳年下になります。年の差結婚だったようですね。

実は南部さんは過去にダチョウ倶楽部のメンバーだったのですが、その時にダチョウ倶楽部の公演を観にきたことが出会いのようです。

売れない芸人時代から支え続けてくれた奥様ですが、南部さんの闘病生活もかなり献身的に看病されていたようです。

今回の腎臓移植手術も、ドナーは奥様のようで、まさに心身ともに南部さんの支えのようですね。

ちなみに2人の間に子供はいないようです。それについて南部さんは、「もしかしたら、子供がいないから(夫婦仲が)うまくいってるかもしれません」とコメントしています。

子供がいることで仲がうまくいっている夫婦もいるとは思いますが、南部さんはその逆のようですね。

電撃ネットワークは激しいパフォーマンスでそのようなイメージはないですが、とても愛妻家なんですね。

退院したら奥様を海外旅行に連れていきたいと言っていたので、是非実現してほしいです。

南部虎弾市原悦子との関係は?

南部さんを調べていくと今年の初めに亡くなった女優の市原悦子さんの名前も出てくるのですが、これはなぜでしょうか?

南部さんと市原さんの関係を調べてみましたが、どうやら南部さんの名付け親が市原さんとなるようです。

南部さんは市原さんの舞台『奇跡の人』を見て役者の道を志したようで、市原さんを自らの師と仰いでいます。

芸名についても、市原さんに「なんぶとらた」としたいことを相談し、『いいわよ、とらちゃん』と認めていただいた過去があるようですね。

市原さんが亡くなった際には、告別式に参列し、市原さんとの関係についてコメントしていました。意外な交流で驚きです。

南部虎弾の読み方は?病院嫁や市原悦子との関係について調査まとめ

以上が電撃ネットワークの南部虎弾さんについて調査した結果です。

南部さんと市原悦子さんとの意外な関係や愛妻家ということに驚きました。

長い闘病生活を奥様に支えてもらっている南部さんですが、今回の腎臓移植手術を機に元気になってほしいですね。

スポンサーリンク

おすすめの記事