女優の今泉佑唯さんが6月5日にDVD「今泉佑唯の出逢い旅~20歳の再出発 アイドルから女優へ~」を発売します。

2日にはDVD発売記念イベントを開催し、今後について「もうすぐ夏なので、今年は水着が着たいなと思って、体を絞っています!」と宣言しました。

今泉さんといえば、女性アイドルグループ・欅坂46の1期生で、「ずーみん」という愛称で親しまれたメンバーでした。

2018年11月に同グループを卒業し、今年の1月4日からは事務所をエイベックス・AY・ファクトリー合同会社に移籍し、現在は女優として活動しています。

欅坂46のときはとても人気の高いメンバーでしたが、体調不良を理由に活動を一時休止していた時期もありました。

そういった活動の一時休止やグループの卒業について、「グループメンバーから今泉さんへのイジメが原因ではないか?」という噂があります。

このイジメについては、週刊文春も報じており、欅坂46ファンの間では有名な話みたいですね。

今回は今泉さんのイジメについて調査してみたいと思います。

スポンサーリンク

今泉佑唯イジメの内容は?

イジメのきっかけは、2016年の夏にさかのぼります。

ちょうどこの時期には欅坂46のメンバーが総出演したドラマ「徳山大五郎を誰が殺したか?」(テレビ東京)の撮影が行われていました。

ドラマの過酷な撮影スケジュールに、メンバーへの精神的負担が大きく、その影響で人間関係もギスギスしたものとなっていたようです。

2017年4月に今泉さんは約4ヵ月の活動休止に入りました。

スポンサーリンク

その理由も表向きは「体調不良」となているものの、周囲には「女の子の混沌とした世界に疲れた」とも洩らしていたようです。

8月に今泉さんが復帰した際に、今泉さんは楽屋でメンバーに挨拶したようなのですが誰も目を合わせてくれず、ケータイをいじっているような状況だったようです。

後日、あるメンバーから今泉さんに連絡があり、「あの時ごめんねー。何も返事返さなくて、(今泉が)来たら返事を返さないようにしようと言っていたんだよ」と笑いながら告げられたそうです。

今泉さんの立場で考えたら、怖いですね。

年頃の女の子が集まったグループなので、ある程度人間関係で上手くいかないのはしょうがないのかもしれないですが、こういった反応をされると傷つきますよね。

イジメはこれだけでは終わらず、今泉さんのソロ曲「真っ白なものは汚したくなる」のリリースが決まった頃にさらに加速します。

「靴下を片方だけ隠される」「化粧品を隠される」「上の服がなくなる」「楽屋の鍵をかけられ外に締め出される」「エレベーターに乗ろうとすると「閉」ボタン連打され、周りのメンバーは笑いながら見ている」など、かなり酷い内容です。

さらには、特定のメンバーからは面と向かって暴言を吐かれたこともあるそう。ここまでされると、精神的に追い詰められてもおかしくないレベルですよね。

今泉佑唯イジメ主犯格の名前は?

スポンサーリンク

今泉さんをイジメていた主犯格についてですが、上村莉菜さんと佐藤詩織さんではないかと噂されています。

今泉さんとこの2人の不仲は、イジメ報道が出る前から一部ファンの間では知られていたことみたいですね。

あくまで噂なので本当のところはどうかはわからないですが、今泉さんとこの2人があまり仲が良くないことは間違いなさそうです。

今泉佑唯イジメたメンバー5人は?

スポンサーリンク

今泉さんに対してイジメを行ったメンバーは5人いると言われています。

前述の主犯格として上村さんと佐藤さんの名前が出ていたので、他にも3人いるということですね。

噂として名前が挙がっているのは、齋藤冬優花さん、志田愛佳さん、守屋茜さんになります。

ただ、今泉さんのお兄さんとされる人は、「平手友梨奈さんと志田愛佳さんはよき相談相手だった」と証言していたようですので、それが本当であれば志田さんがイジメを行ったというのは可能性として低いのではないかと思います。

他に、石森虹花さんや鈴本美愉さんの名前なども出ていましたが、あくまでネット上の推測だけなので信ぴょう性は低いと思います。

今泉佑唯イジメ主犯格の名前は?欅坂46メンバー5人を調査!まとめ

以上が、今泉佑唯さんのイジメについて調査した結果でした。

報道通りの内容が本当にあったとすれば、今泉さんは精神的にとてもつらい思いをされたと思います。

ただ、このイジメ報道については、「捏造記事である」という人も少なくはありません。報道があった時期的にもちょうどNGT48騒動があった時期と被っているので、NGT48騒動から目を背けるためでは?という憶測もあるみたいですね。

イジメが本当にあったのか。

真相は闇の中ですが、今泉さんはグループを卒業してソロとして活躍の場を広げようとしています。

今後も頑張ってほしいですね。

スポンサーリンク

おすすめの記事