近年うつ病の患者数は増えており、誰にとっても身近な病気になりつつあります。
もし身近な人からうつ病だと打ち明けられたとき、どうすればいいでしょうか?

うつ病になる前兆の特徴は?

・楽しみや喜びなどを感じない
今までなら楽しかったことや、嬉しかったことなどを感じなくなります。
なにをしていても憂鬱な気分を感じてしまいます。

・楽しいことや良いことがあっても気分がよくならない
今まで悩んでいたことや、問題だったことが解決して自分自身によいことが起こっても気分が晴れないということが続いてしまいます。

・自分の趣味や好きだったことが楽しめなくなる
健康な状態であれば自分の趣味の運動で汗をながし、気分転換できたりしますよね?うつ病になってしまうと今までと同じ運動をしても楽しくなかったり、逆に疲労感だけが増してしまうということが起こります。

周りの人が気づいてあげることもできます

本人がうつ病と自覚していない、自覚さえ出来ていない状態のこともあります。
そんなとき周囲の人が異変に気づいてあげることが出来ればうつ病がひどくなるのをとめてあげることが出来ます。

・家族が気づいてあげるうつ病のサイン
以前よりいつも元気がない
思いつめたようにぼんやりしている
食欲がない
ずっと楽しんでいた趣味に興味がなくなる

・職場で気づいてあげるうつ病のサイン
作業量が低下し、能率が下がっている
些細なミスが増えている
注意力が散漫になり、集中力が低下している
ずっとイライラしたり気分の抑揚が激しい

もし身近な人がうつ病になったら?

主に精神科精神神経科と書かれている医療機関を受診しましょう。
最近では「メンタルヘルス科」「メンタルクリニック」と書かれている機関も増えてきました。

初めて受診する場合、予想以上に混んでいたりする場合があります。
事前に電話で「初めてなのですが」や「初診なので予約をしたいのですが」等、予約を取っておくと待つ時間も少なくスムーズに診察、カウンセリングを受けることができるでしょう。

スポンサーリンク

おすすめの記事